愛知で転職したい薬剤師のための求人情報

愛知で仕事をしたいと考えている薬剤師にとって職場選びは大きな課題でしょう。愛知ではどのような職場を候補にすることができるのでしょうか。求人の状況や応募するときのポイントを紹介するので、転職先を探すときの参考にして下さい。

今後、薬剤師としてどのようなキャリアパスを考えていくのかをよく考えてみましょう。

薬剤師の求人を名古屋市で探している方におすすめの情報

愛知の求人は地域差が大きい

愛知における薬剤師の求人事情として最初に押さえておきたいのが地域差の大きさです。愛知では人口を見ても都市部と郊外での差がかなり大きくなっているのが特徴で、政令指定都市である名古屋や豊田などではビジネスも活発に行われています。

東海地方を中心として周辺県から人が流入してくる状況があり、住宅街も拡大されている状況があります。それに対して郊外では農業が中心になっていて野菜や果物などの生産が盛んです。漁業も実は名古屋港を中心としてかなり活発ですが、このような郊外の地域では面積の割に人口が少なくなっています。

ただ、全国的な状況と同じで若い世代が出ていってしまい、高齢化が進んでいる傾向があるので医療の需要は高いのは確かです。このような地域差があるため、薬剤師の需要や職場になる施設の進出状況にも違いが生じてきました。

名古屋などの主要都市には大きな病院がいくつも立ち並び、人口が増えている影響もあって新しいクリニックも次々にできてきています。その影響で門前薬局の調剤薬局も増えている状況があり、街中にはドラッグストアが増加しているのが現状です。

それに対して地方ではクリニックはいくつかあって近くに調剤薬局は設置されているものの、病院数は少なくドラッグストアの進出もあまり進んでいない場合がほとんどです。人手不足で需要があるのは確かではあるものの、圧倒的な施設の差があるということは覚えておきましょう。

安定して大手で働きたいなら名古屋がベスト

このような状況を踏まえて薬剤師としてこれからどのようにして働きたいかをよく考えてみましょう。安定して大手で働きたいという人は大勢います。薬剤師の場合にも大病院や大学病院、大手の調剤薬局グループや全国展開しているドラッグストアなどで働きたい人も多いでしょう。

経営基盤が安定しているので給与も雇用も安定するのが魅力で、福利厚生も高い水準になっていることが多いのが特徴です。このような職場で働きたい薬剤師は名古屋で求人を探すのがベストです。

豊田などの他の大きな都市でも問題はありませんが、求人数の多さと大手の活発な進出具合を考えると名古屋で探すに越したことはありません。周辺地域からの交通アクセスも良いので、電車や地下鉄、自家用車などでの通勤も検討してみましょう。

落ち着いて働きたいなら郊外が魅力的

薬剤師として落ち着いた職場環境で働きたい人もいます。大手の現場では数字にこだわる働き方をしなければならない場合もよくあります。調剤薬局では処方箋枚数のノルマをこなさなければならなかったり、処方箋以外の売り上げにノルマがあったりするケースも少なくありません。

ドラッグストアでは処方箋枚数よりも来客数や販売数、売上高の方が重視される傾向があり、店舗としてどれだけ売り上げを出せるかを必死に議論して画策していく必要が生じがちです。このような数字にこだわる働き方では疲れてしまう人も多いのは確かです。

もっと落ち着いて働けるようにするには中堅以下の調剤薬局や個人薬局、小規模なドラッグストアや病院の方が適しています。郊外になると小さな店舗が多く、大手の影響も受けていないところがたくさんあります。求人もあまり目立たないですが、実際に足を運んでみると店頭に薬剤師募集と書いてあったり、公民館の掲示板に求人が掲載されていたりすることもあるでしょう。

ハローワークにも大抵はいくつかの求人があるので探してみると魅力的な職場を見つけられる可能性があります。地域とのつながりを大切にしたい人にとっても魅力があり、地域の人たちと顔なじみになってコミュニケーションを楽しめるでしょう。

企業で働きたいなら管理薬剤師が候補

薬剤師には企業で働くという選択肢もありますが、愛知では求人があるのでしょうか。製薬企業や製造工場は愛知にはあまりないので、企業で働きたいなら卸業者の管理薬剤師が有力候補になります。愛知は関東地方と関西地方をつなぐ交通の要所になっているため、物流会社でも管理薬剤師の需要があります。

管理薬剤師は調剤が苦手な人にも魅力的な職種で、一切調剤をする必要はありません。医薬品や医薬部外品などの品質管理が主な業務で、適正な管理がなされていて品質が低下するリスクがないかを常に監視することになります。

ルーチンの仕事が多いので誰でも仕事をこなしやすいという点でも魅力があるのが管理薬剤師です。

在宅の求人も豊富にある

愛知には在宅の求人もたくさんあるので検討してみましょう。勤務地は都市部の名古屋などが主ですが、実際に働く場所は郊外にまで広がっています。愛知では都市部でも郊外でも高齢者が増えている状況があり、在宅ケアを受けたいという人が飛躍的に増加してきているのが現状です。

在宅薬剤師に対応してもらいたいという考え方も生まれてきているため、需要が高騰してきています。ある程度の調剤や服薬指導の経験がある薬剤師なら活躍しやすいので候補として考えてみましょう。在宅薬剤師は大手調剤薬局やドラッグストアが募集していることも多いので、志望する場合には求人探しのときに注意が必要です。

キャリアプランに応じて選ぶのが大切

このように愛知では薬剤師にとって職種や職場の豊富な選択肢があるのが現状です。これからどのようにして働いていきたいかをきちんと考え、キャリアプランを立ててから求人を選ぶようにしましょう。今までのキャリアを生かしたいのか、キャリアチェンジをしたいのかによっても転職先の候補は変わります。

納得してこれからずっと働いていけるようにするにはどうしたら良いかを考えてみると、地域も加味すれば魅力的な求人に出会うことができるでしょう。

薬剤師としてのキャリアを考えて転職先を探そう

愛知では名古屋や豊田などの主要都市では薬剤師の求人が豊富ですが、郊外に向かうと急激に少なくなります。調剤薬局もドラッグストアも全域的にありますが、大手は都市部に集中しているのが現状です。都市部なら企業で働いたり在宅薬剤師になる道を選んだりすることもできるので、キャリアプランに応じて適切な転職先を探しましょう。

参考-アポプラス:薬局転職https://www.apo-mjob.com/list/aichi